外来で受診

お薬について

院外処方箋について

お薬について

「院外処方箋」は、病院外の薬局で薬をもらうために、担当医が患者様の病気の症状に合わせた薬の名前などを書いた書類のことです。病院で「院外処方箋」をお受け取りになり、「処方箋受付」「保険薬局」「基準薬局」などの表示がある薬局へ持参されることで、薬を受け取るシステムとなります。処方箋の有効期間は、発行日を含めて4日間です。

このような薬局では、薬の作用(効能・効果)、副作用、飲み方の注意、飲み忘れた時の対応、保管方法など詳しい説明を受けることができます。ご自宅の近くや駅、勤務先の近くなど、安心して相談できる薬局をお探しください。

患者様へのお願い

当院では外来患者様に「院外処方箋」をお出しして外部の保険薬局との連携を図ることで、薬剤部としての主な機能を入院患者様の薬の管理に集中させています。

「入院患者様が使用しているすべての薬を記録し、相互作用や副作用の防止に努める」「入院患者様に薬の飲み方・効能などを細かく説明し、薬を安心してきちんと服用してもらうように指導する」など、薬剤部としての専門知識を活かし、より良い薬物治療がスムーズに行われるように医師や看護師などの医療スタッフとの連携を強めています。