外来で受診

ホーム > 患者・家族の皆さまへ > 外来で受診 > かかりつけ医をもちましょう

かかりつけ医を持ちましょう

当院は、医療機関の機能分担が行政によって明確化されたことに伴い、症状の軽い患者様ならびに長期通院が必要な慢性期の患者様は、地域の医療機関に受診していただく『かかりつけ医制度』を推進しております。  区民の皆様には、『かかりつけ医制度』の趣旨をご理解の上、ご協力賜りますようお願い申し上げます。

『かかりつけ医』とは?

『かかりつけ医』は、患者様やご家族の病気のことについて、親身になってくれるお医者様のことです。現在治療中の病気や、これまでにかかった病気、現在服用中の薬等について、『かかりつけ医』にご相談ください。 いざという時に適切な判断を下し、最適な診療を行ってくれます。 また、患者様のご家族の健康や体のことについても気軽に相談にのってくれます。

『かかりつけ医制度』の役割と機能について

■初期医療

『かかりつけ医』は、患者様がまず最初に診療を受ける身近な医師です。患者様の病歴、家族歴、アレルギー等の健康状態に応じて、適切な初期対応がなされます。

■症状に応じた最適な医療

軽い症状から専門性を要する症状まで、『かかりつけ医』が最適な判断および治療がなされます。
また、症状にあわせた専門医への紹介を行います。

『かかりつけ医』との連携について

当院では『かかりつけ医』の医療機関では行っていない検査や、高度な医療機器による治療を行います。当院での治療後は、症状によって『かかりつけ医』で引き続き診療を行います。  また、症状に変化が起きて重症化したり、手術が必要になったり、入院治療が必要になった場合には、当院で診療させていただきますのでご安心ください。

■東京警察病院受診時に『かかりつけ医』からの紹介状をお持ちいただくメリット
  • 初診時の保険外併用療養費3,240円が不要になります。
  • 治療経過や検査結果の情報をいただき、正しい判断の参考になります。
  • 検査やお薬の重複を避けることができます。