お知らせ画像が入ります

ホーム > 身体障害者補助犬について

当院では“身体障害者補助犬”を受け入れております

院内で補助犬を見かけた際は、あたたかくお見守りください。
補助犬以外の動物(セラピー犬含む)同伴のご来院は固くお断りしております。

受け入れ可能な補助犬(身体障害者補助犬法に基づく以下の3種類)
  1. 盲導犬(目の不自由な人の歩行をサポートします) : 胴に白または黄色のハーネス(胴輪)をしています
  2. 介助犬(体が不自由な人の暮らしをサポートします) : 目立つ部位に「介助犬」の表示札が付いています
  3. 聴導犬(耳が不自由な人へ音を運びます) : 目立つ部位に「聴導犬」の表示札が付いています
院内での身体障害者補助犬の同伴区域について

補助犬同伴者の方へ

立ち入り時に補助犬である旨を目視確認いたします。 場合によっては“身体障害者補助犬認定証”を確認させていただきます。

補助犬を見かけたら

補助犬は同伴者の身体の一部です。 院内で補助犬を見かけた際はあたたかくお見守りください。
補助犬のお仕事の妨げとなる行為はご遠慮ください。 犬アレルギーなどの方はご自分で離れるか、病院職員にお申し出ください。

補助犬に対する注意事項(日本補助犬協会指導)
  1. 補助犬に声をかけたり、食べ物をあげないでください。
    お仕事中に補助犬の気が散ると、事故の原因になったりします。
  2. 犬好きな方も、補助犬を見つめ過ぎないでください。
    補助犬が誘惑されてしまいます。
  3. ユーザー(使用者)の方が困っているようであれば、「何かお手伝いすることはありますか?」と声をかけてください 。
    何かあれば周囲の人がすぐに手を貸してくれると思うと、ユーザーの方も安心して外出できるようになります。
  4. 補助犬とふれ合いたい方は、必ずユーザーの許可を得てください。
    補助犬が仕事中はふれ合えません。ユーザーの方の脇で待っているときなど、ふれ合える場合もあります。
  5. お店で入店を断られている場面に出会ったら、「法律(身体障害者補助犬法)で補助犬の同伴が認められています」とお店の方に伝えてください 。
    平成15 年に完全施行された身体障害者補助犬法によって、スーパー・ホテル・レストランや公共施設で、補助犬の受け入れが義務付けられました。

2009.02. 東京警察病院感染制御対策室編