DPCのご案内

ホーム > 入院とお見舞い > DPCのご案内

DPC(包括評価制度)のご案内

入院医療費の計算方法が変わります

DPC

当院では、平成20年7月1日より厚生労働省の指導に沿って「包括評価制度(DPC)」を導入しております。これまで、お薬や検査等といった診療行為ごとに計算していた「出来高払い方式」から、病名や診療内容に応じた(診断群分類)1日当たりの定額医療費を基本に計算する「包括払い方式」に変わります。
※食事療養費は、従来どおりのご請求となります。

計算方法イメージ

ご請求方法

■ご退院日当日のご請求
  • 患者様の該当される診断群分類に基づき、医療費を計算いたします。
  • 10時頃、病室に請求書をお届けいたします。
■ご入院中のご請求〈定期請求〉
  • 患者様の該当される診断群分類に基づき、医療費を計算いたします。
  • 月末で締切って、月1回の請求となります。
  • 毎月10日頃、病室に請求書をお届けいたします。

DPC(Diagnosis Procedure Combination)とは

患者様の病名や症状を基に手術などの診療行為の有無に応じて、厚生労働省から定められた1日当たりの定額点数からなる包括評価(投薬料、注射料、入院料等)と出来高評価(手術料、麻酔料等)を組み合わせて診療費を計算する方式です。

入院医療費の計算方法 Q&A

DPCQ.すべての患者さんがDPCの対象となりますか?

A.病気と病状を基に、手術(処置)などの治療内容に応じて分類された『診断群分類』と呼ばれる区分に、患者様のご病気が該当すると主治医が判断した場合に対象となります。ただし、平成20年6月30日以前から引き続き入院されている患者様や利用されている保険制度(自由診療、労災保険、自賠責保険等)によってはDPCの対象外となります。

Q.患者自己負担額は、どのように変わりますか?

A.患者様の一部負担金の支払いは、保険証に記載されている負担割合となります。

Q.高額療養費の扱いは、どのようになりますか?

A.従来どおりとなります。
また、「限度額適用認定証」のお取り扱いについても従来どおりとなります。

※その他、ご不明な点がございましたら、医事課入院係までお問い合わせ下さい。