個人情報保護方針

ホーム > 個人情報保護方針

個人情報保護方針

当院は、個人の権利・利益を保護するために、個人情報を適切に管理することを社会的責務と考えます。個人情報保護に関する方針を以下のとおり定め、職員及び関係者に周知徹底を図り、これまで以上に個人情報保護に努めます。

1. 個人情報の収集・利用・提供

当院が患者様の個人情報を収集する場合、診療・看護および患者様の医療にかかわる範囲で行います。また、適切な個人情報の収集、利用および提供に関する基準を定めこれに従い管理します。

2.個人情報の安全対策

個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざんおよび漏洩などを防止することに努めます。万一、問題が発生した時には速やかな是正対策を実施します。

3. 個人情報の確認・訂正・利用停止

当該本人(患者様)等からの内容の確認・訂正あるいは利用停止を求められた場合には、調査の上適切に対応します。

4. 個人情報に関する法令・規範の遵守

個人情報に関する法令およびその他の規範を遵守します。

5. 教育および継続的改善

個人情報保護体制を適切に維持するため、職員の教育・研修を徹底し、内部規則を継続的に見直し、改善します。

6. 診療情報の提供・開示

診療情報の提供・開示に関しては、別に定めます。

7. 問い合わせ窓口

個人情報に関するお問い合わせは、各部署責任者または患者様支援室をご利用下さい。

個人情報の保護に関する匿名加工情報の作成及び第三者提供について

作成及び第三者提供する匿名加工情報について

当院では、法律に基づいてDPC 制度導入の影響評価及び今後のDPC制度の見直しを図る目的で、厚生労働省が収集・管理する情報となるデータ(DPCデータ)を作成しております。

さらにDPCデータは、診療録情報および診療報酬明細書の情報で構成されており、これらの情報を利用することで、医療の質向上および病院経営の改善に役立てることが可能となるため、匿名加工をしたデータを第三者へ提供しております。

第三者提供するDPCデータには氏名、住所、電話番号は含まれません。なお、地域傾向や受診年齢層等を分析する必要があるため、郵便番号(上3桁のみ)、入院時年齢、各種保険証に関する情報のうち保険者番号(健康保険事業の各運営主体を指す番号)のみを含みます。

上述の通り、法律上の各種手続きを経て、診療情報から匿名加エ情報を作成(毎月継続)し、第三者に提供することと致しております。

匿名加工情報の提供の方法

デ一タを暗号化後、提供先が運用管理するサ一バへのアップロードまたは、外部記録媒体を郵送する方法で提供します。

匿名加工情報の安全管理

作成した匿名加工情報は、第三者提供後速やかに削除し、当院で匿名加エ情報を保管あるいは利用致しません。

匿名加工情報に関する問合せ窓口

当院における匿名加エ情報の作成及び第三者提供等についてのお間合せは、各部署責任者にお願い致します。

平成29年7月1日
東京警察病院