病院紹介

ホーム > 病院紹介 > 数字で見る警察病院(臨床指標) > 平成27年度 東京警察病院 病院指標

平成27年度 東京警察病院 病院指標 医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 120 145 375 503 742 1116 1953 2285 1669 341
当院は、地域における急性期医療を預かる基幹病院として、質の高い医療を幅広い年齢層の患者様に提供しております。平成27年度全退院患者数は9,249人で、平均年齢が63.6歳となっております。特に、60歳以上の患者さんの割合は約65%にのぼり地域社会の高齢化を反映しています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード

内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 55 17.56 14.34 5.45 76.76
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 45 12.53 12.60 2.22 75.13
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 44 23.75 21.69 6.82 86.11
当科は、特定の臓器・疾患に限定せず多角的に診療を行っております。当科への入院は緊急入院がほとんどであり、約70%となっております。自宅療養が困難で施設入所を希望される患者さんも多く、その調整に期間を要することなどから入院が長期化し在院日数も長くなっております。
呼吸器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 61 12.36 14.34 4.92 68.82
040040xx9904xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 53 23.19 13.38 1.89 69.87
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 31 19.55 20.63 3.23 74.97
呼吸器内科は主に慢性気管支炎、喘息、慢性閉塞性肺疾患を診療する科です。当院では肺炎の患者さんが最も多く、次に肺がんに対する化学療法の患者さんとなっております。
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 67 10.61 10.93 1.49 70.99
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 34 10.68 9.17 5.88 65.53
060350xx99x0xx 急性膵炎 手術なし 手術・処置等2なし 28 12.50 12.27 7.14 52.96
当科で一番多い症例は大腸ポリープの切除で150件をほど行われております。早期胃癌に対する内視鏡的治療も行っております。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 150 3.31 3.07 0.00 65.94
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 114 16.68 18.30 8.77 81.68
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 104 4.54 4.87 0.00 68.35
当科では心筋梗塞や狭心症など虚血性心疾患の診断と治療および頻脈性不整脈、徐脈性不整脈の診断と治療の他に心不全、心臓弁膜症などの心疾患と肺血栓塞栓症の診断と治療並びに閉塞性動脈硬化症など末梢血管疾患の診断と治療を行っております。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 34 6.68 6.17 0.00 0.00
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2なし 23 9.04 11.59 0.00 0.00
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2なし - - 5.72 - -
当院は分娩取り扱い施設となっており、早産・低出生体重児などが多くを占めています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx03xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的消化管止血術等 定義副傷病なし 87 2.02 2.76 0.00 60.23
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 61 2.31 7.01 0.00 71.57
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病なし 47 15.06 17.41 0.00 67.26
当科の診療としては消化器外科、血管外科、乳腺内分泌外科を中心として外科領域全般にわたる診断および治療を行っており、特に大腸の悪性・良性、鼡径ヘルニア、乳癌に対する手術を多く行っております。また今年度より乳腺センターを新たに開設し、より専門的な治療を行っております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 72 7.64 11.98 0.00 60.23
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 51 33.61 28.70 58.82 81.90
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 51 28.53 27.21 0.00 75.39
当科は、骨、関節、靱帯、脊椎の外傷や疾患のほか足の外科など、悪性腫瘍を除く整形外科疾患を広くカバーしています。また当院はリハビリテーション病棟を併設しており、在宅復帰を目指せる患者さんに対して集中的な入院リハビリテーションを提供しております。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 56 4.02 4.38 0.00 43.54
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 39 2.31 3.54 0.00 63.64
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 36 4.69 5.86 0.00 35.19
当科は半世紀以上前に日本で初めて開設された診療科であります。唇顎口蓋裂、頭蓋顎顔面骨などの先天奇形の治療も豊富に行っております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 定義副傷病なし 110 23.82 18.08 3.64 72.53
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 67 2.43 3.15 0.00 63.79
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外(JCS10未満) 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 43 35.33 19.32 11.63 68.02
超急性期から回復期リハビリテーションまでシームレスに治療することが可能であること、open surgeryと血管内治療がバランス良く行える施設であり専門性をもった対応を行っております。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 55 7.76 8.97 0.00 65.76
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 31 12.23 11.97 0.00 50.35
080110xxxxx0xx 水疱症 手術・処置等2なし - - 31.95 - -
皮膚感染症領域として、帯状疱疹、急性膿皮症(丹毒、蜂窩織炎など)の他、重症皮膚感染症(劇症型A群溶連菌感染症、壊死性筋膜炎など)を含めて入院加療のうえ、軽快退院に導いた実績が豊富にあります。天疱瘡、中毒疹(重症薬疹、溶連菌感染症、ウイルス性発疹症など)、皮膚腫瘍などについても幅広く対応し、必要に応じて他科領域との連携も図りながら診療を行っております。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 71 4.58 5.91 0.00 60.62
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 60 6.10 7.59 0.00 73.07
110080xx9903xx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 58 4.10 4.30 0.00 69.29
前立腺生検においてはMRIで病変が指摘された症例に対してMRI/US融合狙撃生検を実施しています。前立腺癌の根治局所治療としては、前立腺全摘術(開放性、腹腔鏡下)に加え、密封小線源、外照射およびそれらの併用療法を行っています。尿路結石に対してホルミウムレーザーによる経尿道的手術を行っています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 46 9.93 9.94 0.00 33.96
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 46 10.13 10.18 0.00 45.50
120200xx99xxxx 妊娠中の糖尿病 手術なし 28 2.93 6.01 0.00 31.11
最も多い症例は帝王切開術を行った入院です。緊急帝王切開術にも24時間体制で対応しています。子宮頚がんについては、がん検診の受診率が向上したためがんになる前に発見されることが多く、子宮頚部円錐切除で解決する症例が増加しています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 140 4.79 7.99 0.00 69.14
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 62 5.58 11.08 0.00 58.03
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり片眼 32 3.59 7.42 0.00 69.97
当科では年間1000件を越える白内障の手術を行っております。また種々の網膜硝子体疾患、合併症を有する難度の高い白内障手術や眼内レンズ縫着術、さらに眼外傷の二次・三次救急医療にも特に力を入れています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030428xxxxxxxx 突発性難聴 75 5.03 9.60 0.00 56.31
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 41 5.02 5.53 0.00 35.05
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし 30 5.00 9.79 0.00 51.70
現代はストレス社会といわれているためかどうかは分かりませんが、突発性難聴の患者さんが増えており、入院したうえでの短期間ステロイド大量療法や鼓室内ステロイド注入療法も増加しております。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 42 - 10 23 - 38 1 7
大腸癌 18 27 27 16 35 126 1 7
乳癌 54 41 11 - - 18 1 7
肺癌 - - 25 71 36 69 1 7
肝癌 - - - - - 21 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
胃癌、大腸癌、乳癌は健康診断の普及に伴い早期発見される症例が増えてきております。また当院では化学療法、放射線治療なども多く行っており、総合的治療を受けられるようにスタッフ一丸となって診療に当たっております。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 18 7.72 46.61
重症度 1 27 21.89 73.22
重症度 2 40 16.68 78.63
重症度 3 22 20.18 83.23
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
重症度別の患者数では、重症度2が最も多く、次いで1、3、0となっております。重症度が上がるほど、平均年齢が上がり平均在院日数も長くなる傾向にあります。

脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 24 6.08 68.75 0.00
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 204 37.09 72.93 9.96
その他 27 20.37 71.37 0.43
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - 36 6.25 70.58 0.00
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
当院の脳梗塞患者さんの90%は発症3日以内に治療が開始されています。脳梗塞は早期診断、早期治療開始、早期リハビリが重要であります。当院では、急性期医療だけではなく、回復期リハビリテーションを担う回復期リハビリテーション病棟を有しており、急性期から回復期、在宅まで一貫した総合的な脳梗塞治療管理を行うことが可能であります。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード

内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 16 31.88 40.00 43.75 80.00
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 15 0.13 1.13 0.00 64.40
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) - - - - -
当科では胃瘻造設術を主に担当しております。
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 152 0.10 1.10 0.00 64.27
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 67 4.03 8.19 1.49 71.43
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 28 1.00 5.68 0.00 74.61
当科では食道がん、胃がん、大腸がんなどごく早期の消化管のがんに対しては内視鏡により切除します。内視鏡で取れない場合は外科に紹介して開腹手術によるがんの根治を目指します。胆・膵疾患に対する内視鏡的治療も数多く行っています。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 109 2.92 3.12 0.00 69.18
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 43 3.30 9.47 0.00 79.05
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症に対するもの) 32 0.06 11.47 0.00 67.28
狭心症や心筋梗塞の患者さんに対する待機的並びに緊急経皮的冠動脈形成術を多数行っています。また徐脈性不整脈に対するペースメーカー治療も数多く行っています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 235 0.05 1.05 0.00 62.86
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 98 1.05 2.30 0.00 67.85
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径2センチメートル未満) 69 0.03 0.87 0.00 60.96
悪性疾患に対する手術は、大腸がん119件、胃がん61件、乳がん140件となっております。良性疾患ではソケイヘルニアが最も多く、次いで胆嚢疾患の順になっています。胆嚢摘出術に関しては90%以上で腹腔鏡下手術が行われています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩、股、膝) 108 1.84 26.06 0.00 71.88
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 後方椎体固定 49 2.73 16.69 0.00 66.16
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 44 5.30 20.52 45.45 74.82
当院では人工関節センターを開設しており、人工関節に対する手術が最も多くなっております。透析や循環器疾患など合併症がある患者さんでも、各センター、麻酔科と連携した体制をとっていますので、安心して手術を受けることができます。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 39 0.00 1.31 0.00 63.51
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(肩、上腕、前腕、大腿、下腿、躯幹) 36 1.03 2.25 0.00 48.19
K334-2 鼻骨変形治癒骨折矯正術 25 1.32 5.28 0.00 36.40
局所麻酔手術と全身麻酔手術を合計した当科の年間手術件数は約1500件で全国屈指の規模を誇り、その範囲は形成外科・美容外科ともに多岐にわたっています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 43 1.23 16.56 2.33 75.23
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの) 38 4.66 31.45 0.00 56.03
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 21 1.95 31.57 9.52 66.33
手術がきわめて難しい良性脳腫瘍の手術を専門としており、全国から患者さんが数多く集まってきております。また脳血管障害の治療に必要な治療手段が全てそろっています。脳血管障害の手術は脳神経外科であればほとんどの病院で行われていますがバイパス手術を専門的に行っている病院は限られています。当科ではあらゆる種類のバイパスが可能で専門性をもって提供可能です。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの) 72 1.49 2.24 0.00 61.28
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) 61 1.89 3.36 0.00 72.95
K8412 経尿道的前立腺手術(その他のもの) 38 1.50 5.24 1.52 70.55
ホルミウムレーザーによる内視鏡治療を尿路結石に対して数多く行っています。尿路結石に関しては硬性・軟性腎盂尿管ファイバースコープとバスケット鉗子を用いて完全抽石を目指しています。次いで経尿道的膀胱腫瘍切除、経尿道的前立腺手術となっています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 50 1.00 8.36 0.00 50.64
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 45 1.16 7.89 0.00 34.00
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹によるもの) 19 1.05 9.11 0.00 44.37
当科の分娩の特色は、可能な限り経腟分娩の可能性を残していることです。現代では病院側が帝王切開しか提示しない症例が増えています。しかし当科では帝王切開既往、骨盤位、双胎など他院では分娩方法の選択の余地がない症例の経腟分娩も条件次第では可能です。婦人科的には良性から悪性疾患の手術まで幅広く行っています。開腹手術だけでなく子宮筋腫や子宮脱に対する経腟手術も行っています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 873 0.63 0.97 0.00 74.36
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 233 0.84 3.06 0.00 67.62
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 32 0.59 2.66 0.00 69.59
通常の白内障から合併症を有する白内障まで治療し、さらに白内障手術で発生した種々の合併症にも対応しています。また従来の硝子体手術から最新の小切開硝子体手術や広角システムまで幅広く対応しています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 27 1.37 4.81 0.00 55.70
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 23 0.00 4.04 0.00 61.22
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 18 1.39 7.11 0.00 29.89
慢性副鼻腔炎の手術は全身麻酔下の内視鏡下手術を基本とし鼻中隔の曲がりが強い方は同時に矯正手術を行っています。入院期間は手術後7日前後です。また、慢性副鼻腔炎に罹患されている方は、喘息など呼吸機能が悪い方が多いのですが、このような方にも積極的に手術を施行し鼻症状のみならず呼吸状態の改善も目指しております。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 15 0.16
異なる 50 0.54
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 63 0.68
異なる - -
敗血症は血液が細菌に感染することにより全身に炎症を起こす病気です。肺炎や尿路感染、悪性腫瘍などの治療経過中に免疫不全状態から合併することが多くなっています。また手術・処置の合併症には術後の創部感染や出血、縫合不全などがあります。
■更新履歴
2016年9月28日
作成