採用情報

ホーム > 採用情報 > 初期臨床研修について

初期臨床研修について

東京警察病院で実践的な初期研修を

当院は生まれながらの教育病院で、昭和4年の開設以来、当時のインターン制度におけるインターン生を多数受け入れるなどし、昭和43年に当時の厚生省が臨床研修制度を策定するよりも早く、教育病院としての責任を自ら担い、今日まで優れた医師を多数輩出してきました。  
東京警察病院は、財団法人自警会(警視庁職員で構成)会員の拠出金により開設され、当初は、警視庁職員及びその家族の診療を行う職域病院として発足しました。その後、昭和20年には一般にも門戸を開放し、地域の基幹病院として救急を始め幅広い医療ニーズに対応しています。  
マッチングのための病院見学は、学生のご希望に合わせできる限り受入れております。まずは病院見学にお出で下さい。指導医・研修医ともにお待ちしております。

研修管理委員長から

外科部長
研修管理委員長 北川 剛
当院は地域の中核病院としてコモンディジーズから希少な症例まで幅広く対応しており、プライマリ・ケアを学ぶのに大変適しています。1995年の地下鉄サリン事件や阪神淡路大震災でも活躍した救急科をはじめとして、各診療科に優秀な医師が多数在籍しています。経験豊富で熱心な指導医や中堅医師から多くのことを学べます。
 救急外来では初期研修医がファーストタッチを行い、上級医がフォローをしてくれますので、実際に行なえる手技も豊富です。また、多数開催される各科のセミナーからも現場で役立つ知識が得られるでしょう。さらに当院のプログラムは自由選択が多いのが特徴で、将来志望する科を集中的に選択する人もいれば、将来役立つと思う科を複数選択する人もいます。
 このように、初期研修に最適な当院でなら、医師人生において大変有意義な第一歩を歩んでいただくことができるでしょう。やる気に満ちた初期研修医を指導することは、上級医にとってもレベルアップの刺激となるので、病院にとって非常に重要な存在です。理想の医師を目指し努力する皆さんと共に、私たちも成長していきたいと思います。


初期研修医募集要項へ