採用情報

ホーム > 採用情報 > 初期臨床研修について

初期臨床研修について

東京警察病院で実践的な初期研修を

当院は生まれながらの教育病院で、昭和4年の開設以来、当時のインターン制度におけるインターン生を多数受け入れるなどし、昭和43年に当時の厚生省が臨床研修制度を策定するよりも早く、教育病院としての責任を自ら担い、今日まで優れた医師を多数輩出してきました。  
東京警察病院は、財団法人自警会(警視庁職員で構成)会員の拠出金により開設され、当初は、警視庁職員及びその家族の診療を行う職域病院として発足しました。その後、昭和20年には一般にも門戸を開放し、地域の基幹病院として救急を始め幅広い医療ニーズに対応しています。  
マッチングのための病院見学は、学生のご希望に合わせできる限り受入れております。まずは病院見学にお出で下さい。指導医・研修医ともにお待ちしております。

教育・研修管理委員長から

内科部長
教育・研修管理委員長 丸茂 一義
医師臨床研修が必修化され、当院においてもプライマリ・ケア能力の向上にウェイトを置いた教育方針が基礎となっていますが、とりわけ、病棟における実戦的診療を通じ、遭遇頻度の高い症例を数多く経験することにより、即戦力として登用される医師の育成を目標とした研修内容となっています。また、特異な症例や高度な手技を必要とする症例等は、前もって希望する事により、緊急連絡を受けて登院し、経験することが出来ます。さらに、生涯学習の習慣を身につけるカリキュラム(症例検討会での発表や各種学会における資格取得を目的とした研修)を始め、人間性育成に関わる教育方針に則った研修であるなど、優れた研修環境を提供しています。当院は昭和4年の開設以降、昭和43年に当時の厚生省が臨床研修制度を策定する遙か以前から、インターン生を積極的に受け入れるなど、教育病院としての責を担って参りました。即戦力となる医師の育成に力を注いでいます。学閥のない病院ですから、とにかく「やる気のある方」を募集します。


初期研修医募集要項へ