診療科のご案内

ホーム > 診療科のご案内 > 通院化学療法センター
通院化学療法センター
  • 概要
  • 医師紹介

通院化学療法センターについて

近年、悪性腫瘍に対して抗がん剤治療が多く行われるようになってきました。
このような治療は、以前は入院での治療が原則でしたが、抗がん剤使用の経験の蓄積、副作用対策の向上などから安全に施行することができるようになったため、患者さんのQOL(生活の質)を重視して外来通院治療が行われるようになりました。
当院でも医療安全や利用者の快適性の観点から通院化学療法センターを平成18年に開設し、現在では、年間2000件の標準化された抗がん剤治療を外来通院で安全に施行しています。

通院化学療法センターで診る主な病気

乳がん、胃がん、大腸がん、膵臓がん、胆管がん、肝がん、肺がん、卵巣がん、子宮がん、膀胱がん、前立腺がん、悪性リンパ腫、関節リウマチ(分子標的治療)

通院化学療法センターの診療内容と特色

当センターは、抗癌剤点滴専用の治療室として快適な環境を整備し、抗がん剤投与スケジュールの確認、専用の安全キャビネットでの無菌調剤、投与前の薬剤の確認、点滴中の全身状態の観察など安全面に重点を置いた業務を行っています。
体調や点滴時間により、リクライニングチェアー(8台)またはベッド(4台)を選ぶことができ、リクライニングチェアーには、治療中に快適に過ごせるようテレビが設置されています。
スタッフは診療に携わる各科医師、がん化学療法看護認定看護師を含む専任看護師、専任薬剤師で、抗がん剤治療を行うとともに、薬効、副作用対策、治療中の日常生活の注意点などの説明や種々の相談にも応じています。
化学療法の適応は各科の担当医が判断し、あらかじめ登録されている薬剤ごとの治療スケジュール(レジメ)を選び、個々の患者さんの体重、身長などから投与量を決めます。
治療の当日は、各科の外来で担当医の診察を受けたあと、当センターに来ていただき、患者さんの状態の確認、レジメの確認、無菌調剤、投与前の薬剤の確認を複数のスタッフで行った後に点滴を行います。点滴中の全身状態の観察については、専任看護師が細心の注意をもって観察し、安全面に特に留意して業務を行っています。

診療実績へ