診療科のご案内

ホーム > 診療科のご案内 > 内視鏡センター
内視鏡センター
  • 概要
  • 医師紹介

内視鏡センターについて

当院では、上部消化管内視鏡(GS)、下部消化管内視鏡(CS)、胆道内視鏡検査(ERCP)は内視鏡センターで一括して実施しています。検査は消化器内科・外科医師が担当し、消化器内視鏡専門医の監督の下に行われています。

内視鏡センターで診る主な病気

GS   胃がん・食道がん 胃・十二指腸潰瘍 胃炎 逆流性食道炎 など
CS   大腸がん 大腸ポリープ 憩室症 腸炎 など
ERCP  胆管がん 胆道結石症 膵がん 膵のう胞 など

内視鏡センターの診療内容と特色

消化管疾患の診断に内視鏡検査が有用であることは言うまでもありませんが、近年の内視鏡機器・技術の進歩により、診断のみならず治療の領域でも内視鏡の重要性は増しています。
胃癌・大腸癌については、従来であれば外科的手術の対象となっていた早期の悪性病変に対する内視鏡的治療の適応範囲が広がり、患者様の身体的負担を最小限に抑えた治療ができるようになってきました。
また胆道疾患の領域でも従来の診断目的のERCPはMRI検査で代用されるようになり件数が減っていますが、治療分野に関しては目覚しい発展を遂げています。従来であれば長期入院が必要であった総胆管結石症も胆道内視鏡による治療と手術の組み合わせで、短期入院で完治させることが可能になっています。
当院での消化器内視鏡検査件数は増加の一途をたどり(詳細は別表参照)、平成24年度の診療実績は、上部消化管内視鏡5,988件、下部消化管内視鏡3,677件、胆道内視鏡325件でした。  
当センターでは、全ての看護師が消化器内視鏡技師資格を既に取得済みもしくは取得準備中であり、スタッフ一丸となって安全で良質な検査の遂行に努めております。その努力の結果として、新病院移転前を含め、過去10年以上大きな事故なく運営されています。
消化器内視鏡検査を希望しても予約が数ヶ月先まで入らないという施設もあるようですが、当院ではご紹介の患者様には原則として2週間以内に検査を行い、迅速に結果をご報告しています。また症状のある患者様に対しては、予約枠以外でも緊急に検査が行えるよう体制を整えています。

診療実績へ