診療科のご案内

泌尿器科
  • 概要
  • 医師紹介
  • 外来診療担当医表

基本方針

泌尿器疾患全般についてエビデンス(臨床試験によって証明された医学的根拠)に準拠した医療を実践しています。病気の治療にのみ傾倒するのでなく、病人を治療する事を心がけています。すなわち病気の治療によって本来の肉体的・精神的機能が極力損なわれることがないような医療を提供できるように努力しております。

主な診療内容

①MRI/US融合狙撃前立腺生検

前立腺癌は、2015年には我が国においても新規患者数が男性の第一位になりました。前立腺癌は生検(前立腺から組織を採取して行う病理検査)によって確定診断が下されます。約20年前から早期発見血液マーカーとしてPSA採血検査が実施されてきましたが、前立腺癌でない症例もPSA異常値を示す事が多く、PSA検査のみの異常で生検を行った場合の癌的中率は約30%にすぎませんでした。当科では前立腺生検を行う前に3Tesla multiparametric MRIを実施して前立腺癌の疑われる病巣を検査した上で、MRI画像上の疑い病変を超音波画像上に投影して同部から組織を採取する先進的医療を実施しています。この方法を2015年1月から導入し、前立腺癌の的中率は75%に向上し、過剰な前立腺生検を行わずにすむようになりました。

②高リスク前立腺癌に対するTrimodality治療

早期に診断された前立腺癌は癌の生物学的悪性度から低・中・高リスクの3群に分類して、個々の治療方針を決定します。この中で高リスク症例は再発・転移のリスクが高く、単一の治療での成績は不良である事が判明しています。前立腺全摘術を行った場合、約50%の再発率で追加の放射線治療が必要となります。根治性を高めるために広汎切除と拡大リンパ節郭清が試みられていますが、有益性は確認されていません。骨盤内リンパ節を含めた体外照射でも同様に再発率は高いことが分かっています。こうした中で最近注目されている新しい治療法は内分泌療法、小線源治療、体外照射の3種類の治療を最初から併用するTrimodalityという方法です。当科ではこの方法を積極的に取り入れて手術療法よりも優れた治療成績が得られています[1]。

③レーザー内視鏡治療

ホルミウムレーザーによる内視鏡治療を尿路結石、前立腺肥大症に対して行っています。尿路結石に関しては、硬性・軟性腎盂尿管ファイバースコープとバスケット鉗子を用いて完全抽石を目指しています。前立腺肥大症に関しては標準的内視鏡手術であるTURPとレーザー核出術HoLEPを症例ごとに吟味した上で適宜使い分けています。

④ハンナ型間質性膀胱炎

難病指定とされているハンナ型間質性膀胱炎に対する広汎電気凝固併用水圧拡張療法を行っています[2]。

医師コラム
診療実績へ

臨床試験、臨床研究

臨床試験(治験)、臨床研究に関しては、未承認ではあるが将来的に標準的治療となる新薬、手術手技・器具をいち早く患者様に使用できるように前向きに実施しております。詳細はHPをご参照下さい。

  1. 熊谷仁平, 村山慎一郎, 南哲司, 松島常, 鶴貝雄一郎, 本間之夫: High risk前立腺癌に対する小線源療法及び手術療法の治療成績の比較検討. 泌尿器外科 2015, 28(8):1363-1366.
  2. 熊谷仁平, 村山慎一郎, 南哲司, 松島常: 間質性膀胱炎の膀胱指圧拡張後の治療後の経過に関する報告. In: 第103回日本泌尿器科学会総会. 金沢; 2015.