診療科のご案内

放射線科
  • 概要
  • 医師紹介
  • 外来診療担当医表
  • 放射線治療について

放射線科について

病院によって「放射線科」の意味が異なる場合があります。大学病院など大規模組織では,放射線科は医師・看護師を中心に構成される診療科の1つで,放射線技師が中心となって運営される放射線部と分けて標榜されるのが一般的です。当院では放射線科・放射線部を総括的に放射線科と呼称しています。中規模病院では当院の様な表記法を採用しているケースも多くみられます。

放射線科は,診断部門,治療部門,核医学部門に別れています。診断部門は一般撮影・乳腺撮影・骨密度検査・CT・MRI・血管撮影などを行います。血管撮影を用いた治療も行っています。治療部門は高エネルギーX線を照射して癌の治療を行います。核医学部門は体内に放射性同位元素を投与して,その集積の状態から様々な診断をします。

放射線科で診る主な病気

放射線診断の対象は多岐にわたり少ないスペースで列記するのは不可能ですが,代表的な疾患を挙げます。
すべての悪性腫瘍(癌・肉腫)
大部分の良性腫瘍
脳血管障害
多くの呼吸器疾患
急性腹症やその原因となる疾患(胆嚢炎,膵炎,イレウス,腸炎,尿路結石など)
画像上で臓器に変化が観察できるものは全て放射線診断の対象となるため,他にも数え切れない程の疾患に画像診断が利用されています。画像診断は日進月歩であり,対象となる疾患は現在も増え続けています。

放射線治療の対象となるのは大部分が悪性腫瘍です。放射線治療は切らずに治すため,美容上も機能温存上も手術よりメリットがあります。欧米では癌治療に放射線治療が優先的に選択される頻度が高いのですが,日本ではまず手術という認識があり,手術不能例や手術後再発例に放射線治療が選択される傾向があります。いずれは欧米の様に放射線治療が第一選択されるケースも増えるものと思われます。

核医学検査は微量の放射性同位元素で臓器の形態や疾患の有無,さらに臓器の機能も評価することができます。例えば骨シンチグラフィーでは骨転移,骨炎症,骨折(通常のX線検査では描出されないものまで見える)などが対象となります。他に心筋シンチグラフィー,脳血流シンチグラフィー,肺シンチグラフィー,甲状腺シンチグラフィー,腎臓シンチグラフィーなど多数の核医学検査があります。

診療内容と特色

完全フィルムレス化は当然実現しています。高性能画像サーバーを用いて各診療現場における画像観察が迅速・容易かつ高精度に行える工夫がなされています。多列検出器(320列)CT,高磁場(3T)MRI,バイプレーンフラットパネル血管撮影装置・デジタル乳腺撮影装置などの配備もなされています。機器の進歩は目覚ましく,近い将来における入れ替え・バージョンアップも視野に入れております。患者様に質の高い医療を提供するためには最新医療機器の充実だけでは不十分で,これらを有機的かつ効率良く使用できる器とシステムが重要です。当院放射線科では各検査室が中央操作ホールを取り囲む形で配置されており,スペースの効率的利用,職員導線の最短化,共同作業のし易さ,緊急時の迅速対応,ベテランやエキスパートによる業務全体の監視・指導,などを実現しています。また救急部との導線が非常に短いのも特徴で,迅速な救急画像検査を提供しています。造影剤アレルギーなどの有害事象に際しても救急専門医による迅速かつ的確な事後対応が実現されています。放射線部の設計は,建築設計会社から提案されたものは一切採用せず,患者様の導線やシステムとの整合性を念頭において,放射線科職員全員が他施設見学・議論を繰り返し,長時間かけて一から作り上げたものです。このお陰で高い業務効率を実現しており,例えば外来でCT検査が至急必要と判断されれば,全て予約なしの飛び入りで当日に実施しています。迅速な診断や,再度来院して頂く頻度を減らすなど,患者様の利益を第一に考えた放射線検査を実現していると自負しております。必要な検査には放射線診断専門医による詳細なレポートがなされ,診療の質向上に寄与しています。

放射線治療装置はCTが併設された最新の機械です。現代の高度に発達した放射線治療は,CT画像を基準にコンピューターで計画実行されます。通常のCT室で撮影された画像を利用すると,治療台では体位などが微妙に異なり,僅かな誤差も許されない高度なピンポイント照射などは困難です。当院の機器であれば治療台に寝たままでCT検査から治療まで連続的に行うことできるため,高精度照射が可能です。全国的にみても非常に少ない放射線治療専門医が常勤で勤務するのも強みです。

核医学部門で使用するガンマカメラにもCTが併設されています。これにより核医学画像をCT画像とズレなく合成できるため,高い診断精度を実現しています。核医学を専門とする放射線科医も不足していますが,当院では東大病院放射線科の核医学エキスパートに診断を依頼しており,画像の解釈にも万全を期しています。

診療実績へ