診療科のご案内

ホーム > 診療科のご案内 > 耳鼻咽喉科
耳鼻咽喉科
  • 概要
  • 医師紹介
  • 外来診療担当医表

耳鼻咽喉科について

耳鼻咽喉科とは、解剖学的には、耳・鼻・口・のど・頸部と広い範囲にわたる病気を診断/治療する科であり、また、感覚面から考えると 聴覚、平衡覚(めまい)、嗅覚(におい)、味覚という、重要な感覚器を取り扱う科です。したがって、CT,MRIなどの画像検査や血液検査などのほかに、聴覚検査、平衡機能検査、味覚・嗅覚検査など特有な検査を施行し診断/治療をおこなっていきます。

耳鼻咽喉科・頭頸部外科で診る主な病気

  • 耳の病気・・・突発性難聴、中耳炎(急性、慢性、真珠腫性)、めまいなど
  • 鼻の病気・・・慢性副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎など
  • 咽頭・喉頭(のど)の病気・・・扁桃炎(急性、慢性)、声帯ポリープなど
  • 頭頚部良性腫瘍 (顎下腺、耳下腺など)
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 顔面神経麻痺

など多岐にわたります。

診療内容と特色

当科では、特に難聴の検査と診断、突発性難聴に対する短期入院加療、慢性中耳炎や中耳奇形などの耳疾患に対する手術、慢性副鼻腔炎に対する内視鏡下鼻内手術や、アレルギー性鼻炎に対するレーザー手術に重点をおいています。

1.

難聴 純音聴力検査やいろいろな内耳機能検査を行なって難聴の原因を調べ治療に役立てています。これらの難聴の検査によって毎年5-10例の聴神経腫瘍を発見しています。突発性難聴の難治例に対しては早期,短期治療、すなわち5日間の入院のもとにステロイドの点滴治療を行ない高い治療効果をあげています。また、糖尿病などの合併症によりステロイドの点滴治療ができない方には、鼓室内に直接ステロイドを注入する治療をおこなっております。その他、メニエール病及び類似疾患にも内服や点滴治療を行なっています。

2.

中耳炎 慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎に対し、鼓室形成術、鼓膜形成術を施行しております。中耳入院期間は、鼓膜形成術は日帰りで、鼓室形成術は7日前後の入院を基本としています。

3.

慢性副鼻腔炎 副鼻腔炎の手術は全身麻酔下の内視鏡下手術を基本とし、鼻中隔の曲がりが強い方は、同時に矯正手術を行っています。入院期間は手術後7日前後です。当科では、年間約90例程度施行しています。 また、慢性副鼻腔炎に罹患されている方は、喘息など呼吸機能が悪い方が多いのですが、このような方にも積極的に手術を施行し、鼻症状のみならず呼吸状態の改善もめざしております。

4.

レーザー手術 アレルギー性鼻炎の中でも鼻閉は薬剤が効きにくい症状と言われています。よって、難治性の鼻閉でお困りの方には、日帰りでのレーザーによる下甲介粘膜凝灼術を施行いたしております。また、花粉症がひどく、毎年眠くなる薬しか効果が無いような方や、妊娠を考えなるべく薬剤を使いたくない方への鼻炎に対しても施行しています。

5.

悪性腫瘍:確定診断がつき次第、当科と連携しているがん専門病院の専門医を紹介させていただいております。

診療実績へ