診療科のご案内

ホーム > 診療科のご案内 > 総合診療内科
総合診療内科
  • 概要
  • 医師紹介
  • 外来診療担当医表
  • 入院診療担当医紹介

総合診療内科について

近年の医学の進歩•変遷にともない、総合病院の多くは専門診療科体制に進む傾向にあります。しかしながら、人口の高齢化などさまざまな要因により、疾病は多様化・複雑化しております。  
東京警察病院総合診療内科は、専門化・細分化しすぎた現代の内科医療の中で、全人的に人間を捉え、特定の臓器・疾患に限定せず多角的に診療を行う科として(平成24年に)設立されました。

総合診療内科で診る主な病気

外来:通常の内科疾患全般  
入院:原因の明らかでない発熱を来す疾患(感染症・悪性腫瘍・膠原病の診断になることが多い)。複数の疾患を有し、特定の専門診療科のみでは対応困難な場合。リウマチ性疾患、尿路感染症、誤嚥性肺炎などの呼吸器疾患、等。

診療内容と特色

ごくありふれた疾患の診断・治療はもちろんのこと、原因の明らかでない疾患の診断・治療をします。診断がついたのち、高度な専門医療を必要と判断した場合にはそれぞれの専門科に診療をバトンタッチします。また病院—診療所の連携の強化にも力をいれております。すなわち、診療所にかかりつけの患者さまで入院が必要となった場合のスムーズな入院受け入れをサポートしています。当科では、近年の人口の高齢化に伴う心理的・社会的背景も考慮して、最良の医療が受けられるように心がけております。通常の診療でお悩みの際はいつでもご連絡ください。

診療実績へ