診療科のご案内

ホーム > 診療科のご案内 > 脳神経外科> 聴神経腫瘍を含む小脳橋角部腫瘍について
脳神経外科
  • 概要
  • 医師紹介
  • 外来診療担当医表

聴神経腫瘍を含む小脳橋角部腫瘍について

部位の特徴と症状後頭蓋窩と呼ばれる後頭部の下半分のスペースには、主に脳幹と小脳という、脳の重要な部分が存在します。さらに、このスペースは脳幹から枝分かれする重要な多数の脳神経が頭蓋の外に出てゆく通路でもあり、この部分に腫瘍ができた場合には、高率に脳神経と接触します。したがって、この部分にできた脳腫瘍は脳神経の症状で発症することが多いのです。たとえば、難聴・耳鳴り・顔面のしびれ感や違和感・燕下 (のみこみ)困難・声がれ・顔面麻痺 (曲がって非対称)・二重視 (物がダブって見える)などです。もちろん、頭痛やめまい感で検査して発見されることもあります。
腫瘍の種類と特徴

●聴神経腫瘍

顔面神経もこれらの神経と伴走するために、腫瘍と顔面神経は必ず接触しており、この点が特に治療の上で問題となります。手術の際には、顔面神経を温存して、さらに聴力もある程度保たれている患者さんの場合には、聴力の温存も目指せるようになりました。そのためには、手術中の神経モニタリング (神経機能を電気刺激や音を聞かせることによりチェックすること)が必須であり、また、合併症を減らすための手術方法の改良も最近目覚ましいものがあります。

●髄膜腫

良性腫瘍で、後頭蓋窩の中のさまざまな部位に発生しますが、症状は腫瘍のできた場所と接触する脳神経の種類により異なります。この腫瘍に対しても、良好な成績を出すためには手術モニタリングや手術方法の選択が重要と考えています。

●その他の腫瘍

後頭蓋窩腫瘍においては前述の2つの腫瘍が代表的ですが、この他にも数種類の腫瘍が知られています (血管芽腫、血管腫、脊索腫、類上皮腫など)。
このページの上へ手術についてこの部位に発生した腫瘍の手術は、腫瘍に接触している多数の脳神経の機能を守りながら腫瘍を切除しなければならず、技術的には最も難しい部類の手術とされています。