診療科のご案内

ホーム > 診療科のご案内 > 脳神経外科
脳神経外科

  • 概要
  • 医師紹介
  • 外来診療担当医表

脳神経外科について

脳神経外科・脳卒中センターでは、脳や脊髄、末梢神経におこる病気に対する診断や治療を行っています。診断については、頭痛・嘔吐やめまい、手足の運動麻痺やしびれ、顔の痛みや顔面神経麻痺、顔面けいれん、てんかんなど、広い分野にわたって対応しています。
治療としては、外科治療や血管内治療などの手術療法、手術を行わない保存的治療(経過観察や内科的治療)、リハビリテーション、放射線治療があり、これを患者さんの病気の状況に応じて使い分けて、最も適した治療を行うようにしています。当科では、患者さんの満足を得られるよう、医師スタッフ全員、丁寧な説明や対応を行うことを徹底しています。

脳神経外科で診る主な病気

当科・当センターでは、以下の疾患に対しては高い専門性をもって治療を行っております。
聴神経腫瘍を代表とする小脳橋角部腫瘍、良性頭蓋底腫瘍(髄膜腫、神経鞘腫)、側頭骨内腫瘍(顔面神経鞘腫、経静脈孔神経鞘腫、グロームス腫瘍)、その他の良性脳腫瘍(下垂体腫瘍を除く)
未破裂脳動脈瘤、くも膜下出血に対する開頭クリッピング術
脳梗塞の治療: tPA(ティーピーエー)を用いた血栓溶解薬静注療法、バイパス手術、 血管内治療による緊急血栓除去術や血管拡張術
顔面けいれん、三叉神経痛
脊髄疾患(脊髄腫瘍など)、末梢神経障害

診療内容と特色

当科は、大学病院に匹敵する多くのスタッフを擁しており、全国的にみても大型の脳神経外科です。特徴は大きくわけて3つあります。
1つは、聴神経腫瘍などの小脳橋角部腫瘍、良性頭蓋底腫瘍など、手術がきわめて難しい良性脳腫瘍の手術を専門としており、全国から患者さんが集まってきており、この分野の手術件数が飛びぬけて多いことです。厳密な術中脳神経モニタリングを駆使していること、すべての手術アプローチを提供可能であり、患者さん毎に最適なアプローチを使い分けていること、経験数が圧倒的に多いことなどにより良好な手術実績が積み上げられています。  
2つめは、脳血管障害の治療に必要な治療手段がすべてそろっている点が挙げられます。 脳血管障害の手術は脳神経外科であれば、ほとんどの病院で行われていますが、バイパス手術を専門的に行っている病院は限られています。当科ではハイフロー(高流量)バイパスを含め、あらゆる種類のバイパスが可能で、専門性を持って提供可能です。また、体にメスを入れずに治療できることから、最近脚光を浴びている脳血管内治療も、すでに先進的な治療を行うために必須のものとなっています。これも当科の大きな特徴となっており、日本脳神経血管内治療学会の指導医(佐藤)、専門医(阿部・金中)が専門性の高い治療を行っています。どの治療手段も同一施設で行えることから、くも膜下出血(破裂脳動脈瘤)や未破裂脳動脈瘤に対しては、動脈瘤の位置や大きさ、患者さんの年齢や状況・希望などにより、開頭クリッピング術(外科手術)とコイル塞栓術(血管内治療)のどちらがより適しているかを検討して治療方法を決定しています。当科では未破裂脳動脈瘤に対しても積極的に治療を行っております。未破裂脳動脈瘤は、いったん破裂しますとくも膜下出血を発症することとなり、急に生命をおびやかす疾患に移行してしまいます。われわれは、70-75歳までの患者さんで治療のご希望があり、治療を行うことが適切と判断された場合には、手術あるいは血管内治療を行っております。手術が難しい巨大な動脈瘤に対しても、必要に応じて各種のバイパスを用いて手術を行っています。  
最後の1つは、脳神経外科医が毎日当直を行っていることです。これは非常に重要なことで、脳卒中の救急患者さんに常時対応可能であるとともに、入院中の患者さんにも常に専門性をもった対応ができるということを意味しています。24時間体制で地域医療に貢献することとともに、安心して入院治療を受けていただけることを我々のモットーとして、高い活動性をもって診療にあたっておりますので、是非、当科・当センターをご利用ください。

診療実績

「脳卒中の予防のポイント」、「聴神経腫瘍を含む小脳橋角部腫瘍」、「未破裂脳動脈瘤」についての詳しい説明は下記をクリックしてください。

【重要なお知らせ】
河野前部長は2013年4月から東京医科大学に主任教授として異動しました。
それに伴う外来・手術に関する情報はこちらをご参照ください。