診療科のご案内

ホーム > 診療科のご案内 > 膠原病リウマチ科
膠原病リウマチ科
  • 概要
  • 外来診療担当医表・医師紹介

膠原病リウマチ科について

当診療科はリウマチ性疾患を専門としております。代表的なリウマチ性疾患である関節リウマチにおいては“パラダイムシフト”と呼ばれるような診断・治療の革命がおこっています。その結果、多くの方が寛解(病勢が完全に抑制された状態)となり、また場合によっては治癒まで期待できるようになっています。リウマチ性疾患は関節症状のみならず、他臓器をおかす全身性疾患でもあります。当科では他診療科と連携しながら、リウマチ性疾患のトータルマネージメントをおこなっております。


(中島医師と日本リウマチ財団登録リウマチケア看護師の二人)

膠原病リウマチ科で診る主な病気

関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、強皮症、皮膚筋炎/多発性筋炎、結節性多発動脈炎、顕微鏡的多発動脈炎、大動脈炎症候群、側頭動脈炎、多発血管炎性肉芽腫症、好酸球性多発血管炎性肉芽腫症、混合性結合組織病、強直性脊椎炎、反応性関節炎、乾癬性関節炎、抗リン脂質抗体症候群、痛風/偽痛風、全身性変形性関節症、シェーグレン症候群、成人スチル病、リウマチ性多発筋痛症、ベーチェット病

診療内容と特色

当診療科を訪れるきっかけとなる症状は、関節痛や関節腫脹です。それ以外にも、手の朝のこわばり、持続する発熱、レイノー現象(寒冷刺激で手指が白色・紫色に変化すること)、目や口腔の乾燥症状、全身の筋痛・筋力低下、顔面紅斑などの皮膚症状もリウマチ性疾患を疑わせる症状です。

当診療科で最も多い疾患は関節リウマチです。関節リウマチは多発関節痛・関節腫脹と進行性の骨破壊を特徴とする疾患です。その病態は免疫の異常を背景とした滑膜炎であり、治療も炎症の制御と免疫異常の是正が中心となります。当診療科では可能な限り来院当日に診断できるよう心がけております。関節リウマチと診断した際には、メトトレキサートを中心とした経口抗リウマチ薬の投与を開始します。抗リウマチ薬は、効果の発現まで1~3ヶ月かかることがあるため、その間は非ステロイド性消炎鎮痛薬や少量のステロイド薬の併用が必要となることもあります。抗リウマチ薬で効果不十分な場合には、2剤以上の抗リウマチ薬を併用することもありますが、進行性の骨破壊が予想される場合には積極的に生物学的製剤の投与をおこなっております。生物学的製剤は炎症の抑制のみならず免疫異常の是正により関節リウマチ治療に革命をもたらした薬剤です。多くの患者様で寛解の誘導が可能となりました。生物学的製剤は注射製剤であること、やや高額な医療費がかかること、そして感染症の増加が懸念されることから患者背景などを考慮し、十分説明したうえで投与をおこなっております。関節リウマチ治療において最も大事なことは、寛解を維持し骨破壊を抑制することです。当診療科では患者様の日常生活動作を最大限維持するという治療目標をもって診療にあたっております。しかしながら関節破壊が日常生活動作に多大なる影響を与えてしまった場合には、当院人工関節センター医師と連携し日常生活動作の向上をはかっております。

関節リウマチ以外の代表的リウマチ性疾患としては、全身性エリテマトーデス(SLE)があります。SLEは不明熱、顔面紅斑、レイノー現象、関節痛、蛋白尿などの腎障害、中枢神経障害や肺障害など、種々の症状をきたす全身性疾患で抗DNA抗体といった自己抗体の出現を特徴とします。SLEではステロイド薬が治療の中心となっておりますが、免疫抑制薬の進歩により、ステロイドの減量も可能となっております。最近では有効性が期待できる生物学的製剤も登場しており、SLEにおいても今後の治療革命が期待されております。

上記以外のリウマチ性疾患においても、飛躍的に治療成績が向上しております。リウマチ性疾患が疑われる場合、または既にリウマチ性疾患と診断された場合、ご心配なことがありましたら一度当診療科にご相談ください。

診療実績へ