診療科のご案内

産婦人科
  • 概要
  • 医師紹介
  • 外来診療担当医表
  • 産科のご案内
  • 母乳外来のご案内

産婦人科について

 産婦人科は、主に産科と婦人科に分かれています。
 産科に関しては、妊娠成立時から分娩後まで、継続した管理を行っています。
 婦人科に関しては、良性・悪性腫瘍の診断から手術、子宮脱の治療、子宮内膜症・月経異常・更年期障害・付属器炎の治療などを幅広く行っています。子宮頚癌予防ワクチン接種も可能です。

産婦人科で診る主な病気

正常妊娠、合併症妊娠、子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮内膜症、子宮頚癌、子宮体癌、卵巣癌、子宮脱、月経異常、月経前症候群、更年期障害、付属器炎、腟炎、婦人科心身症等。

医師コラム

診療内容と特色

 産婦人科は、女性の一生と新たな生命の誕生をサポートする、女性生涯医療担当科です。目の前のご病気や出産に対応するのみならず、一人一人の患者様が心身ともに少しでも健康で豊かな人生をお送り下さるよう、全人的な視点からお手伝いをしていきたいと考えております。
 当院の産科は、チーム医療によるできる限り安全・安心な分娩を基本に、大規模な周産期センターとはひと味違う、アットホームできめ細やかな妊娠期・出産期・産褥期の管理とケアを目指しています。優しい助産師達による産前~産後の多様なサポートと熱心な授乳指導等には定評があります。
婦人科的の分野では、良性疾患から悪性疾患までの治療を幅広く行っています。開腹手術だけでなく、腹腔鏡下手術や、子宮筋腫や子宮脱に対する経腟手術なども行っています。
1人の医師が婦人科から産科までの全般を担当できる点が、専門分野だけに縛られた大学病院等とは異なるメリットであると考えています。必要時には、他の診療科医師の迅速な協力も得られます。
また、当科かかりつけの方に対しては、産婦人科医が24時間対応可能です。
対応不可な分野は、NICU(新生児集中治療室)が必須と考えられるハイリスク妊娠・分娩、人工授精以上の不妊治療となっています。

診療実績へ