診療科のご案内

ホーム > 診療科のご案内 > 整形外科 > 足と関節の障害・外傷
整形外科
  • 概要
  • 医師紹介
  • 外来診療担当医表

足と関節の障害・外傷

足部と足関節(足くび)の慢性疼痛や変形を中心に扱っています。具体的には変形性足関節症(軟骨の磨耗による足の痛み)、足関節骨折・踵骨(しょうこつ)骨折後の変形治癒や足関節捻挫の後の不安定症(捻挫ぐせ)、外反扁平足障害、外反母趾、スポーツ障害、足部変形などです。足部と足関節は人体の土台で歩行に最も重要な部分であり、この部分の痛みは日常生活を著しく障害します。
足部と足関節の障害は多岐にわたっており、診断そのものが困難であることが多く、治療には高い専門性が必要となります。当院では他府県からも含めて足に障害のある多くの患者さんが来院されていますが、足部・足関節を専門に扱う医師と、足部のケア・ギプス処置等に精通した看護師により、適切な治療を行うよう努めています。

症状から見た足部と足関節の障害

足首がはれて痛い(ケガはない)
 変形性足関節症、リウマチ 、特発性距骨壊死
捻挫の後に足首の痛みがとれない 、捻挫ぐせ
 陳旧性足関節外側靭帯損傷 (足関節不安定症) 、距骨軟傷害
捻挫の後、足の甲の痛みがとれない
 陳旧性リスフラン関節損傷
捻挫の 後、外くるぶしうろのスジ が外れる感じをくりかえす
 反復性腓骨筋腱脱臼
あしの指(2―4 趾)の付け根近痛み・異物感
 モートン病、関節リウマチ
扁平足で足首まわり(くるぶしの下など)が痛い
 外反扁平足障害
甲高で アーチが高く、 かとや親指の付け根、小指の接地部が痛い、タコができる
 凹足、シャルコーマリトゥス病
骨折のあとに痛みがとれない
 足関節果部骨折(くるぶしの骨折)や踵骨骨折の変形治癒、外傷後の変形性関節症
踵(かかと)の痛み
 足底腱膜炎(足の裏)、踵骨疲労骨折(踵全体)、アキレス腱付着部炎(踵のうしろ)
足の裏のしびれ、痛み
 足根管症候群
母趾(足の親ゆび)が外を向いて、付け根が痛い
 外反母趾
母趾の付け根がはれていたい、そり返せない
 強剛母趾

それぞれの障害について(項目をクリックしてお読み下さい)