診療科のご案内

小児科
  • 概要
  • 医師紹介
  • 外来診療担当医表

小児科について

小児科は、新生児から思春期まで、日々成長していく子どもたちに起こるさまざまな病気の治療を行う診療科です。感染症や呼吸器、消化器、皮膚疾患などの身体疾患とともに、子どもに生じた心理的な問題などの治療も行っています。また乳幼児健診や学校健診で指摘されたことのご相談にも応じています。どなたでも受診できます。

小児科で診る主な病気

  • 感染症:ウイルス感染、細菌感染症など
  • 呼吸器疾患:肺炎、気管支炎、クループ症候群、気管支喘息など
  • 皮膚疾患:湿疹、じんましん、膿痂疹(とびひ)、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーなど
  • 循環器疾患:川崎病、先天性心疾患、不整脈、起立性調節障害、心雑音など
  • 神経疾患:熱性けいれん、けいれん発作、チック、発達障害など
  • 心理的な問題:摂食障害、睡眠障害、不登校など
  • その他の身体症状など:頭痛、腹痛、夜泣き、夜尿、成長障害、貧血、肥満、歩行の異常、その他ご心配なこと
  • 腎臓疾患:血尿、蛋白尿、ネフローゼ症候群、腎炎、尿路感染症など

診療内容と特色

当院小児科では、一般外来診療に重点を置き、日祭日をのぞく毎日、午前午後とも外来診療を行っています。前述のほとんどの病気は外来での治療が可能ですが、必要に応じ短期間の入院も可能です。現在、小児の入院は主に内科病棟で行っておりますが、入院環境が小児の患者さんにふさわしいものになるように、各職種のスタッフ一同努力致しております。下記に、入院治療を実施した疾患をまとめました。

小児科には現在、循環器と神経の2つの専門外来があります。いずれも大学病院の専門医が診療にあたっています。心雑音や不整脈などの症状は循環器専門外来に、けいれん、発達の心配などは神経専門外来にご相談ください。

また2016年度より新たに腎臓専門外来を開設しました。尿の異常など腎臓に関する問題についてご相談下さい。

予防接種は、当院では基礎疾患のある方の予防接種も実施しております。
予防接種の予約は、お電話または小児科外来窓口で承ります。
予約時間:月曜日~土曜日(14:00~16:00)

この他、育児相談など、ご家族のご心配事は一般診療の中でいつでも、ご相談ください。

診療実績へ